HOME > リサーチ部 > 石巻アーカイブスプロジェクト代表 高橋 幸枝さんに聞く③「とにかく石巻にきてください!」

リサーチ部

第90回  石巻アーカイブスプロジェクト代表 高橋 幸枝さんに聞く③「とにかく石巻にきてください!」

 先週に引き続き、宮城県石巻市に住む高橋 幸枝さんからお話を伺いました。高橋さんは、被災体験談等を伝えるラジオ番組制作に取り組む会、石巻アーカイブスプロジェクト代表でいらっしゃるとともに、地元コミュニティ放送局、ラジオ石巻のアナウンサーでいらっしゃいます。聞き手は法政大学の「まるちゃん」こと丸岡 美貴です。

まるちゃん:
今回は、ラジオ石巻の東日本大震災発生時の様子と、その後の取り組みについて、主にお伺いしたいです。

高橋さん:
発災時は本当にものすごい揺れで「すぐに災害情報を流さなければ」と録音番組を放送していたのを生放送に変えました。私は切り替える作業のために機械室にいました。もう1人のアナウンサーはすぐにスタジオに入り「大変な揺れです。津波の恐れもあるので、海岸、河口付近から離れてください」と言いました。最初の揺れは3分くらい続いていたと思うのですが、マイクに向かって立ったまま彼女は伝えていました。
一旦、揺れが落ち着いてから「彼女の気持ちを落ち着かせなければならないな」ということで、今度は私がスタジオに入りました。伝えるといいましても、夜にかけて地域の状況で目に入ってくるものなど体感している基本的な情報を発するしかなかったんですね。ただ一言「ラジオの前にいらっしゃる方、もしメールなどで情報を発信することができるならば、ラジオ石巻までお寄せください」と伝えました。
すると、「◯○地区が津波で壊滅状態です」「自分は今、自宅の2Fにいる。もう1Fは津波によって浸水して、家族がまだ1Fにいるらしくて、どうしたらいいかわからない。助けてください」「自分の家族はどこにいるかわからない。自分はここにいます。何かあったら連絡をよこしてください」というようなSOSメールがたくさん寄せられました。
本来、そういった情報というのは、しかるべき機関に確認してから発しなければならないのですが、その作業もとてもできるような状況ではありませんでした。「みなさんからお寄せいただいたメッセージ、メールは、原文のまま紹介させていただくことをご了承ください」と前置きしてからそのまま伝えました。「自分がラジオでこのように情報発信してもらっている=見捨てられていない」という心の支えにもなるだろうと、ずっとみなさんから寄せられている情報を伝えていきました。

まるちゃん:
現在、石巻の復興に対して、ラジオ石巻はどのような取り組みをしておられますか?

高橋さん:
私自身が思うところでは「日常を届ける、伝える」というのも必要かなと。楽しい話題、地域の明るい話題を伝えることによって、こころの復興のきっかけにもなるでしょう。震災後、外から移住して、ずっとサポートしてくださる方もいるんですよ。ずっと関わってくれて、この地を見捨てずに見守ってくれているということを発信すれば、私たちの支えになります。
今となってはほぼ通常放送に戻っていますので、四季折々この地域の魚、畑、山の情報を伝えれば、それが日常なのかなという風に思います。私は『レッツ農業!』という農業に携わる方々にお話を聞く番組を持っていまして「今日、田植えがありました」「今の時期、◯○が獲れますよ」農作業で頑張っている人の話を流したりするわけですよ。みんなそれぞれの立場で頑張っているとなると、自分も明るく頑張っていこうじゃないかと思うわけです。

まるちゃん:
現在の石巻にはどのような支援が必要ですか?

高橋さん:
とにかくこの石巻に来てください!もう観光施設も復旧、再開していますし、遊びにきてください。石巻のおいしいものを食べて、石巻の人たちと触れ合っていただくのが一番かなと思いますね。引き続き、研修目的で被災地を学ぼうと入ってきてくださっている方もたくさんいます。石巻のお土産をたくさん買っていただいて、この地にお金を落としてくださるのはすごくありがたいですよ!

まるちゃん:
この時期は何がおいしいですか?

高橋さん:
石巻の海の幸、ホヤは知ってますよね?ホヤは「3年っこ」と言いまして、養殖後3年でやっと収穫できるんですよ。今年、震災後初のホヤが水揚げされて「この味だよね」って故郷ではみんな食べてます。もう少し夏が近くなりますと、ウニが獲れます!

まるちゃん:
う~ん、贅沢ですね?!

高橋さん:
こちらに来れば、きっとお安く、満腹になるくらい食べられると思いますよ。

まるちゃん:
あー行きたい!また!
(まるちゃんが石巻に行ったときの話は、第4回、第5回レポート部、第14回情報部をごらんください)
高橋さん、3週に渡り貴重なお話をありがとうございました!

 東日本大震災発生時のラジオ石巻については、河北新報出版センター発行の『ラジオがつないだ命 FM石巻と東日本大震災』に詳しくまとめられています。こちらもぜひ、よろしければごらんください。

担当

担当:丸岡 美貴(法政大学)

担当:丸岡 美貴(法政大学)

アーカイブ