HOME > リサーチ部 > 平成16年の台風23号水害をふり返る【4】 ~兵庫県豊岡市高屋地区区長・三方 捷郎(みかた かつお)さんに聞く~

リサーチ部

第18回 平成16年の台風23号水害をふり返る【4】 ~兵庫県豊岡市高屋地区区長・三方 捷郎(みかた かつお)さんに聞く~

 先週に引き続き、兵庫県高屋地区区長、三方 捷郎(みかた かつお)さんへのインタビューです。
 三方さんは、豊岡市とFMジャングルが制作した「防災ワンポイント」という番組を聞き、その内容を実践しながら、地域防災の強化に力を入れておられます。
 今週は、「防災ワンポイント」という番組の紹介、そして私たち若者へのメッセージです。
 インタビュアーは、FMジャングルの西村 基局長です。

三方 捷郎さん 西村 基局長
三方 捷郎さん(左)・西村 基局長(右)

防災ワンポイントという番組をどのように参考にされたのですか?

平成16年の台風23号水害をふり返る【4】 ~兵庫県豊岡市高屋地区区長・三方 捷郎(みかた かつお)さんに聞く~

 防災ワンポイントという番組は、FMジャングルが放送していた防災知識に関わる番組で、専門家の方々がわかりやすく解説しています。私たちはそれを聞きながら、マニュアル作りや防災マップを作りあげました。
 ただ、実践するたびに次々に課題が出てきて、その課題を行政の方々の指導を受けながら解決し、そして勉強させてもらっています。
地域の方々の意識の変化はありましたか?
 大災害が起こっているので、他人事ではないということで、皆さんすぐに立ちあがってくれました。私たちも昨今の災害においては想定外のことが多いので、自分たち自身で災害から身を守る知恵をつけ、訓練を重ねていきたいと思っています。
若者や大学生にメッセージをお願いします。
 自主防災を初めて3年が経ちましたが、やはりメンバーも高齢化しており、本来なら行動力がある若い方々に参画してもらいたいと思っています。
 若い方々のハイテクな力を駆使して、ぜひ、今までの災害を検証し、後に伝えてほしいです。そして、今の発想を全国的に呼び掛けて、地域の大学生を巻き込んで行ってほしいと思います。

FMジャングルが入っている駅前のビル 昭和歌謡が大好き。尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」を熱唱中の西村局長
FMジャングルが入っている駅前のビル(左)
昭和歌謡が大好き。尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」を熱唱中の西村局長(右)

担当

岩村 友香里(日本大学)

岩村 友香里(日本大学)