HOME > レポート部 > 日本財団「チームながぐつプロジェクト」参加者に聞く②〜1日で地域の足を作った話。ボランティアの主流は新規事業のサポートへ

レポート部

第96回  日本財団「チームながぐつプロジェクト」参加者に聞く②〜1日で地域の足を作った話。ボランティアの主流は新規事業のサポートへ

日本財団学生ボランティアセンター(略称:Gakuvo)は、ボランティアを通して、次世代を担う人材を育成する団体です。学生のボランティア活動やそのスキルアップを支援し、学生自身が携わったボランティア体験を、広く社会に伝えていくことも大切にしています。
 Gakuvoでは「チームながぐつプロジェクト」として、2011年4月から東日本大震災復興活動を行ってきました。これまで第92陣、通算すると数千人の学生たちが参加しています。

 

5週に渡り「チームながぐつプロジェクト」に参加した東京大学大学院修士2年 喜多 諒さん、青山学院大学4年 藤崎 優さん、Gakuvoコーディネーター 瀧 道子さんからお話を伺います。
喜多さんは2013年のゴールデンウィーク、2014年4月11日?14日、6月20日~23日に宮城県石巻市で活動しました。
藤崎さんは2014年6月13日~17日、福島県いわき市で活動しました。

 

第1週目は、3人に自己紹介と「チームながぐつプロジェクト」に参加するきっかけを話していただきました。
第2週目は、喜多さんに宮城県石巻市での活動についてお聞きします。
インタビュアーは「まるちゃん」こと法政大学の丸岡 美貴です。

 

山間部への墓参りの足、10人の匠が1日で完成

まるちゃん:
1回目はどんな活動をしたのですか?

喜多さん:
主に活動日が2日に分かれていました。
1日目は、地域の神社の清掃をさせていただきました。震災から2年経っていたんですけれども、神社の中に土砂が入ったままだと伺ったのです。それを?き出したり、中のものを拭いたり、倒れそうな欄干を固定したりしました。
2日目は、市内から離れた山の上にある墓地に行きました。中間の部分が津波の影響でボロボロでした。「高齢の方がお墓参りをするのが大変だ」と伺って、そこの階段を作りました。

活動中の喜多さん
活動中の喜多さん

まるちゃん:
1日で作ったんですか!?

喜多さん:
作れちゃったんですね。

まるちゃん:
すごい!どういう工程で作っていったんですか?

喜多さん:
丸太を使いました。切り出しやかんぬきから始まって、丸太を順々に並べていきます。メンバー10人とハンマーとかトンカチの使い方を試行錯誤しながら「意地でも完成させるぞ!」という気持ちで作っていました。

まるちゃん:
1日で丸太の階段作れちゃうもんなんですね?

喜多さん:
壊れないかどうかちょっと心配でしたけどね。今年のゴールデンウィーク、数人が現地を訪れ、階段がちゃんと残っているとFacebookで報告してくれました。

まるちゃん:
よかった!地域のみなさんのお墓参りの足になっているということですね。2回目の活動は何をしたんですか?

喜多さん:
住宅の高台移転を進めたい方がいらっしゃいました。使用する材木を山から切り出してきて、ずっと皮むきしてましたね。

まるちゃん:
またですか(笑)

喜多さん:
メンバーは男2人、少数精鋭で頑張りました(笑)

まるちゃん:
丸太の階段を作ったときのスキルは活きましたか?

喜多さん:
全く活きなかったですね(笑)

まるちゃん:
活きなかったんですか?(笑)なんで?

喜多さん:
ブランクがありましてね…でもすごく楽しかったです。2人で躍起になってどっちが早く剥けるか競争したりして(笑)

活動中の喜多さん
活動中の喜多さん

「頑張っていることを知ってほしい」

まるちゃん:
3回目の活動は何をしたんですか?

喜多さん:
2つあります。
1つ目は、前回の延長で、材木を使って家を建てるための作業場を作りました。
もう1つは「羊牧場を作ろう」とおっしゃっている地元の方のお手伝いでした。羊牧場の堆肥を山の方に移して「もっと広い羊牧場を作って、キャンプ地にしちゃおう!」と考えていらっしゃいました。堆肥となる羊の糞をひたすら山に運ぶという作業をして、堆肥と仲良しになりましたよ(笑)

まるちゃん:
(笑)話を聞いて、だんだんボランティアが土砂を?き出すような緊急対応よりも「羊牧場を作りたい」など、新規事業を興そうとしている人のサポートや新しいまちづくりなどの方向にシフトしていっているのかな、って。

喜多さん:
僕自身も活動を通して思います。「頑張っていることを知っていてほしい」地元の方がおっしゃっていたことがすごく思い出されます。「盛り上がった一時期に比べると、どうしても忘れ去られて、下火になってきてしまう。その中で寂しさを感じる」とおっしゃっていて。そのお話を伺ったことも、ボランティアにまた行こうと思うようになった理由の1つです。

まるちゃん:
そうしたことを友だち、SNS、この場も借りていただいて(笑)伝えていくことも大事なボランティアですよね。その一翼を担えてうれしいです。

 

喜多さん、ありがとうございました!

 

喜多さんが参加した活動についてもっと知りたい方は以下をご覧ください。
チームながぐつプロジェクト 第82陣 2014年4月11日~14日http://blog.canpan.info/nagagutsu/archive/107
チームながぐつプロジェクト 第89陣 2014年6月20日~23日http://blog.canpan.info/nagagutsu/archive/116

 

次週は藤崎さんのお話を伺います。

担当

丸岡 美貴(法政大学)

丸岡 美貴(法政大学)

アーカイブ