HOME > レポート部 > 静岡県西伊豆町活性化活動①~日本一、夕陽が美しい町を豪雨が襲った~

レポート部

第91回  静岡県西伊豆町活性化活動①~日本一、夕陽が美しい町を豪雨が襲った~

「まるちゃん」こと法政大学の丸岡 美貴が今週はお届けします。
「日本で一番夕陽がきれいなスポット」と聞いてみなさんはどこを思い浮かべますか?

わたしは「静岡県西伊豆町の堂ヶ島」です!断崖と小島の群れからなる場所で、入り江に浮かぶ島々からの夕陽の美しさはたまりません。
大学の映像制作ゼミのドラマでロケをさせてもらったことがあります。具体的設定はまたのお話で、交通事故で血まみれの警官(私)に同級生で見た目どう考えても40オーバーのおっさんがプロポーズをするシーンです。屈指のデートスポットで、ざっと4,5組のカップルに後ろ指をさされたことは忘れません(笑)
そんなことはさておき、駿河湾に沈みゆく夕陽は日本一綺麗とも言われ、町のキャッチコピーは「”ふるさと”と言いたくなる夕陽のまち」なのです。(http://www.town.nishiizu.shizuoka.jp)

その西伊豆を豪雨が襲ったと、テレビのニュースや新聞で知ったときは心配でした。IVUSAでは、2014年8月7日から10日にかけて、静岡県西伊豆町活性化活動を行います。活動のリーダーである跡見学園女子大学3年のとみーこと前田 智美とIVUSA事務局員の高井 洋季のインタビューをお届けします。

まるちゃん:
西伊豆町はIVUSAにとって今まであまり馴染みがなかったと個人的には思うけど、活動を始めるきっかけはなに?

とみー:
2013年7月19日から21日、静岡県西伊豆町豪雨災害活動が直接のきっかけです。
西伊豆町との最初の縁は、3年前の2011年2月、認定NPO法人緑の地球ネットワーク(GEN)と一緒に活動をしたことからです。

高井:
GENは中国で植林をしている団体です。IVUSAも同じ活動を2003年から行っている縁もあって、知り合いました。
GENは西伊豆町で炭と土を配合した混合土を作っています。それで農作物を作ると、発育が良くなるということなのです。IVUSAが活動をしている新潟県関川村や長岡市栃尾地区などで、モデルケースとしてそれを使い「地域活性化の1つのツールにできないか」という研究をしに行きました。それが2011年2月のことです。

まるちゃん:
そういうノウハウをIVUSAから日本の農業全般に広げていきたいなっていう?

高井:
そうですね。その後も継続して活動をしていこうというところ、1ヶ月後に東日本大震災が発生して話が流れたんですよね。
2013年7月18日、大雨が降った際、GENに「大丈夫ですか?」という電話を1本入れました。「もうとにかく来て!人が欲しい」「じゃあ助けに行きます」段取りをしてもらってIVUSAの学生が行ったことが、再びつながるきっかけになりました。

まるちゃん:
2013年の豪雨のときはどんな活動をしたのですか?

とみー:
家の横脇の水ろう、床下などのヘドロを掻く作業をしました。浸水した床下をそのまま放置しておくと、シロアリなどが出て木が削れてしまうことがあります。それを防ぐために、わたしたち学生が床下に潜って作業しました。他にも、保育園の校庭を子どもたちが遊べるようにきれいに整備する活動を行いました。

まるちゃん:
とみーが活動の中で印象に残ったことはなに?

とみー:
入らせていただいたお宅の床下でヘドロ掻きをやらせてもらいました。そのお宅で「床の下に潜ってください」とニーズをいただいたのです。向かい側のお宅にもヘドロがあったんですけど、違うボランティア団体さんが入っていました。身体の大きさもあって、作業は最後まで終わらなかったみたいです。わたしたちの活動の姿を見て、「明日よかったらぜひ、一緒に向かい側のお宅の床下のヘドロ掻きもしてほしい」と言ってくださって、作業をさせてもらいました。お子さんがいたんですけど、わたしたちだけがボランティアをしてあげるんじゃなくて、お子さんもヘドロを?き出すのを手伝ってくれたんですよ。

インタビューに答えてくれた高井さん(左)と前田さん(右)
インタビューに答えてくれた高井さん(左)と前田さん(右)

高井:
えーそれ知らなかった。

まるちゃん:
知らなかったんですか!結果的に地域の人と一丸となって復旧活動ができたってこと?

とみー:
わたしたちがニーズをいただいてボランティアをやってあげるだけじゃなくて、地域の人と一緒に復旧活動をやっていくんだというのを実感しました。西伊豆っていう場所はいいところだなぁと思いました。

まるちゃん:
西伊豆の人と「Win-Win」な関係が築けたという心温まるエピソードをいただきました!この活動が、今年8月の西伊豆町活性化活動につながっていくというワケで、次週はその活動内容について聞いていきます。

担当

担当:丸岡 美貴(法政大学)

担当:丸岡 美貴(法政大学)

アーカイブ