HOME > レポート部 > 最近、防ラジメンバーになった学生紹介

レポート部

第45回 最近、防ラジメンバーになった学生紹介

 最近新しく防ラジのメンバーとなったきっしーこと岸本 匡史、ジョニーこと内藤 友晴、ななみんこと高橋 七望をインタビュー形式で紹介します。
 インタビュアーは、まるちゃんこと丸岡 美貴と、あゆみんこと上田 歩です。

前列左から、あゆみん、ななみん、まるちゃん 後列左から、ジョニー、きっしー、製作をしてくださっている株式会社ジェイクランプの佐々木さん
前列左から、あゆみん、ななみん、まるちゃん
後列左から、ジョニー、きっしー、製作をしてくださっている株式会社ジェイクランプの佐々木さん

まるちゃん:
 きっしー・ジョニー・ななみんが最近防ラジにやってきてくれたのだけれど、なんで入ってきてくれたのかとか意気込みとか、3人の人間性というものを聞いていきましょう」
あゆみん:
 まずきっしーからお話しを伺っていきましょうか。なぜ防災ラジオに参加しようと思ったのですか?
きっしー:
 防災ラジオのメンバーのでんりゅうこと吉田 龍平さんから誘われて入ったというのもあるんですけど、自分はもともとラジオを聴く機会があまりなかったので、逆にラジオをやってみてどう思うのかなと思いラジオに興味をもつようになり、今に至ります。
あゆみん:
 じゃあジョニーはどう?
ジョニー:
 防災ラジオって聞いたときけっこうカタいイメージがあったのですが、『学生が始めました』という学生が主体としてやっていることに興味をもって、自分もやってみたいと思い、参加させていただきました。
まるちゃん:
 ななみんはどうですか?
ななみん:
 私はきっしーとは逆でラジオが好きで、大学に入ったらそういうことをやろうと思い、さらにボランティアもやりたいと思っていて、その二つが一緒になった活動が行われていることを聞いて、参加しました。
まるちゃん:
 この未来ある防ラジに対して、今後どうしていきたいかという、夢などがあったら教えてください。
きっしー:
 自分は地元が沖縄なんですけど、沖縄にもこの防ラジを発信していけたらいいと思います。
ジョニー:
 IVUSAの学生がやっているので、もっとIVUSAのことを全国のみんなに知ってもらえたら、ボランティアに行きたいという人や、IVUSA入りたいという人が増えると思うので、この防ラジをもっと有名にしたいです。ちなみに僕はIVUSAの活動内で今年の夏にカンボジアの小学校の図書館建設ボランティアに行くので、そういった活動をIVUSAでしているということをもっとみんなに知ってもらえたら嬉しいです。
きっしー:
 自分もカンボジアの子どもたちに本を集めて渡そうというプロジェクトをやっています。
あゆみん:
 ななみんはどうですか?
ななみん:
 私は私自身コミュニティFMというものがあるということを知らなかったので、コミュニティFMというものをまわりの人たちだけでなく、いろいろな人に知ってもらえるよう頑張りたいです。
まるちゃん:
 これからも、コミュニティFMという地域に密着したメディアで防災について明るく楽しくみんなで伝えていけたらなと思います。きっしー・ジョニー・ななみん ありがとうございました。

担当

内藤 友晴(東洋大学)

内藤 友晴(東洋大学)