HOME > レポート部 > 岩手県大船渡市特集【3】 ?大船渡市で活動しているNPOの方に聞く?

レポート部

第21回 岩手県大船渡市特集【3】 ?大船渡市で活動しているNPOの方に聞く?

 今回は、岩手県大船渡市で移動図書館の活動をしている、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会岩手事務所の吉田晃子さんに現地での活動や今の大船渡市の様子などを伺いました。
 インタビュアーは、IVUSAの法政大学2年の松浦 奈々です。

シャンティ国際ボランティア会ではどのような活動をしていますか?
 東日本大震災によって、多くの市町村で図書館が破壊されました。シャンティ国際ボランティア会では、そのような市町村で、本を途切れさせないために移動図書館をしています。
 大船渡市では、三陸町の図書室が被災したので、三陸町の図書館で行っています。
何か所で行っていますか?
 三陸町の三か所を、月に2回、回っています。
どのような世代の方が利用していますか?
 お子様から年配者まで、幅広い世代の方に利用していただいています。
どんな本があるのですか?
 幼児向けの本から、小説、料理本、経済の本など、さまざまな種類の本をそろえています。その中でも人気があるのが料理本です。開いただけで料理の写真が見ることができて美味しそう、という理由からです。
 避難所生活の時は普通の食事をすることができなかったので、写真を見ながら、こんな料理を作りたい、こんな料理を食べてみたい、などと楽しんでいただきました。また、「何かしないと」という気持ちから、ちょっと本をめくってみよう、という気持ちで読んでいる方が多かったです。
今の大船渡市の様子はいかがですか?
 被災してからもうすぐ2年が経ちます。最初は仮設住宅にいて何もすることがないと言っている方が多かったのですが、月日が経つにつれて、「働かないと」という気持ちから、だんだんと仕事を始める人が増えました。
 それでも、まだ仮設に残っている方々は多く、そういう方々のためにも、移動図書館の活動をしていきたいと思っています。
 少しずつ復興が進んでいるとは思いますが、まだ建物も仮設の建物が多いので、復興したとはまだ言い切れないと思います。
大船渡市の魅力を教えてください
 津波もありましたから、正直、海は怖いです。でも、やはり大船渡市の海は綺麗です。リアス式海岸は特に綺麗です。なので、ぜひ皆さんにも来ていただきたいです。
聞いている方へのメッセージをお願いします
 ぜひ、東北に遊びに来てください。
 見に来てくれるだけでも、復興の力になります。
 そして、移動図書館活動を支援してくださる方は、シャンティ国際ボランティア会までお問い合わせください。お問い合わせ先は、03-6457-4586です。詳しくは、シャンティ国際ボランティア会のホームページをご覧ください。

担当

岩村 友香里(日本大学)

岩村 友香里(日本大学)