HOME > レポート部 > 記念すべき第100回放送!座談会その2

レポート部

第100回  記念すべき第100回放送!座談会その2

はなちゃん:
防災についての話がピックアップされていて、それについてでんりゅうと二人で語れと言われまして…

一同爆笑

丸ちゃん:
すごいないきなり

はなちゃん:
当日何も原稿など聞かされておらず、いきなり来てくれって言われて、いきなり語れと言われ…

まさし:
そう。この番組って乱暴なの笑。私も前に今回でるのが私石井と初対面の井上君といわれ、井上君よく出てるのかなと思って話してたら、よく聞いたら井上君は今回初の見学者だと言われ…

一同爆笑

まさし:
それ知らなくて話すごいふって、でももちろん初めてだから話が詰まるじゃない?それであれ?ってなんでこの子こんな喋れないの?思って…あれはねぇ本当にこの番組乱暴だよ(笑)

でんりゅう:
僕たちもインタビュー強制的に受けさせられて、それで番組関わされたっていう経緯がありますからね

まさし:
この番組の趣旨は使えるものは何でも使うだから

一同爆笑

丸ちゃん:
そんな感じにニューフェイスが入って、番組が活性化するんだよ!

まさし:
その辺にいるやつ使えそうだからがっと(笑)

でんりゅう:
あくまで大学生ですからね

丸ちゃん:
それで色んな色が出るからリスナーさんも喜ぶ

はなちゃん:
ということで衝撃的なデビューをしました

ともきよ:
これからもめげずに頑張っていきましょう

はなちゃん:
また新たな人を衝撃デビューさせましょう

丸ちゃん:
はいでは盛り上がったところで

まさし:
いやぁいい後輩持ったよー

丸ちゃん:
まさかここまで広がるとは思わなかったよね。2年前この時期始めた時に

まさし:
まさにこの時期ですね

丸ちゃん:
夏の時期がまさに企画立ち上げで何が何だかわからない状態

まさし:
その第一回目の原稿を今日は持ってきました

一同:
おおぉー!!!

丸ちゃん:
まさしくんの保存の良さね

まさし:
これ本当にたまたま見つけたの。学校のテストのためにプリント探していたら見つかった

丸ちゃん:
これおり目もなくて、本当にキレイ

まさし:
第一回目のオープニング、タイトルコール『大学生の防災ラジオはじめました』

でんりゅう:
大学生 の!

まさし:
その次記念すべき第一声、岩村ゆかりさん『はい、というわけで』

一同爆笑

でんりゅう:
突然のスタート笑

丸ちゃん:
一言一句書いてあるからね

でんりゅう:
大学名、出身地書いてありますよ

丸ちゃん:
わからないし、噛むの怖いし、放送事故が怖すぎて

まさし:
当時はこんな収録の仕方じゃないの。国士舘大学の柴田会館という、よくIVUSAで合宿をやる所に机おいて、マイクとかヘッドホンして、本当にラジオって感じでやっていたの。今ではこんなだよ

一同爆笑

まさし:
ここが一番やりやすい。笑

丸ちゃん:
それで柔軟な製作ができるよね。和気あいあいと

まさし:
最初はもう全くのど素人だったから、ガチガチになりながら収録してみたいな

丸ちゃん:
声震えながらね

まさし:
はい。というわけで?(高い声で)

爆笑

まさし:
長くなったんですけど、原稿見ていきましょう

丸ちゃん:
4、5行の中に赤線がずらーって引いてあって、細かくコメントが書いてあるんですよね

まさし:
台本とか用意してた真面目な頃の俺。今はもうないから(笑)

丸ちゃん:
ざっと1,000字くらい書いてあるんですよ。一言一句喋ること

まさし:
災害メシ、非常食をやってる回の原稿があって、「テーブルの上にカロリーメイト、アルファ米、乾パンを置く

爆笑

でんりゅう:
そこまで書いてあるんですね(笑)

まさし:
すごい真面目なことも書いてあって、万が一腕を怪我した時に、乾パンを開けられるのかというのをやって

丸ちゃん:
そうそう、利き腕を怪我した状態で開けられるかってね

まさし:
それで俺、左腕一本で乾パン開けようとしたときに、普通だったらテーブルに置いてやればいいのに、なぜか空中で開けて、どうなったかというと、乾パンがばっしゃーんって飛んで、その瞬間俺も岩村さんもまるちゃんも「さぁー」って引いてくっていう。(笑) あれは思い出深い

丸ちゃん:
でも逆にあの音が臨場感あっていい

まさし:
褒められた。笑 むしろ落ちても食べられるという乾パンの利便性を証明できた

丸ちゃん:
そうだねー(笑)

まさし:
今思えばあれは計算どおり(笑)

丸ちゃん:
言うなぁ(笑)

まさし:
話戻りまして、まるちゃんのはじめての情報部

丸ちゃん:
まだ持ってたんだね

まさし:
これなんか思入れある?

丸ちゃん:
雑だぞ振り(笑) えー。私もちゃんと、まさしくんは自分の言うことざっと書いてたんですけど、私の場合はゆかりさんと私の掛け合いだったんですよね。その掛け合いで何を言うかというのを全て書いてるんですよ」
「さて情報部がはじまりました。記念すべき第一回目は防災ー、」って。それで、「今回これを紹介してくれるのは」まで書いてあって、さらに「はい。」って、このはいまで書いてあるっていう。「法政大学3年の丸岡みきです!!

でんりゅう:
すごいABABって書いてある

丸ちゃん:
そう。Aは岩村さんで、Bは私

まさし:
すごい芝居の台本みたい

丸ちゃん:
ところによっては『へぇー』まで書いてある

まさし:
あのね、構成てあって①番組紹介、② って書いてあって、それぞれ下に1分とかあって、合計何分とか。どうだい、100回やっててこんなに予定通りできたことがあるかい?(笑)

爆笑

丸ちゃん:
ないよね。笑 まぁそんなまだ未熟なんですけどね。(笑) 色々ありましたね

丸ちゃん:
さて、そんな防ラジを初期から支えてくれた岩村ゆかりさんの話が聞きたくないですか?

一同:
聞きたーい!!

なんと岩村ゆかりさんからインタビューが届いています!それでは岩村ゆかりさんのインタビューです!どうぞ!

アーカイブ