HOME > 情報部 > ジョニーの防災ショップ調査団①

情報部

第77回 もうすぐ新生活!防災的観点からの大学生一人暮らしの物件探し!

 今回は、「まるちゃん」こと法政大学の丸岡 美貴と「ともきよ」こと法政大学の友清 渉がお届けます。

まるちゃん:
いま3月でしょ?これから大学生の新生活がはじまるわけだ!4月に向かって。そのためには新しい家を見つけなきゃ。

ともきよ:
家がないと新生活も始まらないですもんね。

アプリ写真1
アプリ写真1

まるちゃん:
半年ちょっと前に一人暮らしを始めた私は、駅から近い、夜道が明るい。とかを重視して探しました。でも、地震に関するテレビ番組を最近見て、物件探すとき、わたし防災的観点が抜けていたなと思いました。「防ラジ」やらせてもらっているのに。それで今回、「耐震コロコロ」というスマートフォンのアプリ(iPhoneのみ)(無料)を紹介したいと思います。

ともきよ:
どういうアプリなんですか?

まるちゃん:
まず一つ目は「地図で見る地盤の診断」。2通りの方法で、現在地の地盤がわかります。一つはGPSで、もう一つは郵便番号です。
 地盤が弱い順に赤、黄色、緑、青と色分けされています。中には数百mの距離で地盤の強さが違う地域もありますよ。
 「耐震コロコロのもう一つの機能は「誰でもできる わが家の耐震診断」です。国土交通省「わが家の耐震基準」がソースです。質問とその答えの選択肢をいくつか紹介してみます。

アプリ写真2
アプリ写真2

・「建てたのはいつごろですか?」→「1981年6月以降か否か」
・「建物の平面はどのような形ですか?」→「どちらかというと長方形に近い平面」「どちらかというとLの字、Tの字など複雑な平面」
・「大きな吹き抜けがありますか?」→「一辺が4m以上の大きな吹き抜けがあるかないか」「壁の配置はバランスがとれていますか?」→「1階外壁の東西南北どの面にも壁がある」「1階外壁の東西南北各面のうち、壁が全くない面がある」
・「屋根素材は?」→「瓦など比較的重い素材」「和瓦、洋瓦など比較的軽い素材」

などの項目があります。

ともきよ:
無料だし、誰でも簡単に診断できますね。

まるちゃん:
家を決めるとき、防災的観点を自分で持った上で考えてみてはいかがでしょうか?

担当

丸岡 美貴(法政大学)

丸岡 美貴(法政大学)