HOME > 情報部 > ジョニーの防災ショップ調査団①

情報部

第76回 カバンに入れておきたい防災グッズ

 今週の情報部は、災害時帰宅困難者になった場合に備えて、日頃カバンの中に入れてもかさばらないまたは、負担が少ないものはどんなものがあるのか議論していきたいと思います。担当は、「きっしー」こと東洋大学岸本 匡史と「まるちゃん」こと法政大学の丸岡 美貴です。
まるちゃん:
今回、私が持ってきているカバンを防災仕様に変えていきましょう。

きっしー:
はい。でははじめとして、カッパを入れたいと思います。

まるちゃん:
カッパって、ダサいような感じするんだけど、どうして?

きっしー:
急に雨が降ってきた時しのぐものは、カッパか傘ですが、傘を常日頃持つわけではないですし、手がふさがってしまうので、とっさの行動がとれなくなると思うんです。
カッパだと、畳めばたたむ分だけカバンの容量もとらないので便利だと思います。

まるちゃん:
なるほど。確かにそうだね。 じゃあ次は何を紹介するのかな?

きっしー:
次は、地図です。地図と言っても簡易的な地図で十分です。

まるちゃん:
簡易的ってことは、例えば東京に住んでいるんだったら、東京の地図ってことだよね?

きっしー:
はい、そういうことです。他にも便利だと考えるものは、レジ袋です。

まるちゃん:
レジ袋だと、バックになるからいいよね。

きっしー:
そうですよね。

まるちゃん:
あんまり、口で言いたくないけども、トイレの代わりとしても大丈夫だと思うんだよね。

きっしー:
なるほど。レジ袋は、どこでも入手可能ですしそのうえ用途も様々ですのでかばんに入れてもいいのではないでしょうか。また、レジ袋と並行して風呂敷も便利だと思います。
また、季節に合わせたものをカバンの中に入れるのもいいのではないかと思います。それは、特に今は冬なので、カイロを入れておくのも役に立つと思います。
最後に、大事な頭を守るものを調べてみたら「折り畳みヘルメット」というのが見つかったんですよ。

まるちゃん:
ヘルメットって折り畳むこと出来るんだね。

きっしー:
これは、以外だと思いますよね。でも、ヘルメットが折りたためるのであれば、便利だと思いますし、カバンに入れてみてはどうでしょうか?

まるちゃん:
どうだろう。でも、背に腹は代えられないから入れてみよう。

きっしー:
ありがとうございます。補足として、折り畳みヘルメットは、ネットなどで検索すれば、いろんな種類が出てきますので、自分の好みで選んで購入してみてはいかがでしょうか。

担当

岸本 匡史(東洋大学)

岸本 匡史(東洋大学)