HOME > 情報部 > 東京国際消防防災展2013に行ってきました

情報部

第57回 東京国際消防防災展2013に行ってきました

 東京国際消防防災展2013が、10月2日(水)から10月5日(土)に東京ビックサイトで開催されました。そこにきっしーこと岸本 匡史が行ってきました。そこでは、消防演習や救助訓練デモンストレーションなどがあり、大人は勿論のこと、子どもたちも楽しめるような素晴らしいイベントでした。
防災に関する様々な商品やサービスが紹介されていたのですが、その中で気になる物を二つ紹介させていただきます。

籠城シートの販売元の株式会社DIY STYLE(デイアイワイ スタイル)のウェブサイト
籠城シートの販売元の株式会社DIY STYLE(デイアイワイ スタイル)のウェブサイト

 まず「籠城(ろうじょう)シート」です。これは敷くだけで床冷えを防ぎ、固い床でもゆっくり休める高密度断熱シートです。体育館などに避難した時に、これを敷けば寒さや他の人の足音などをシャットアウトできるので、比較的楽に眠ることができます。これを紹介していた女性は、シートを切って靴の中に入れておられました。
勿論、アウトドアなどにも便利です。詳しくはコチラをご覧ください。

JINRIKIの販売元の株式会社JINRIKIのウェブサイト
JINRIKIの販売元の株式会社JINRIKIのウェブサイト

 次は、「JINRIKI」(じんりき)という物です。これは、一般の車椅子に取り付けることで人力車のように前輪を浮かせ、坂道、階段、砂利道など今まででは移動が困難な道をスムーズに移動できることを可能にしてくれます。これがあれば、車椅子の方を連れて避難する時に便利です。実際に私も車椅子を押してみましたが、普通に押すと
その他にも、これがあれば海辺の砂浜にも行くことができるでしょうし、これもアウトドアに使えるアイテムです。詳しくはコチラをご覧ください。

 以上紹介していきましたが、この他にもまだまだたくさんの展示がありました。語弊がある表現かもしれませんが、防災というのは非常に大きな市場になっているということを感じました。
次の機会に参加してみてはいかがでしょうか。

担当

岸本 匡史(東洋大学)

岸本 匡史(東洋大学)