HOME > 情報部 > 災害時の衛生用品の紹介

情報部

第56回 災害時の衛生用品の紹介

 今週の情報部は災害時に利用できる衛生用品の紹介です。水を必要としない歯磨き用品や、携帯が便利な衛生用品の紹介を行います。

 一つ目は水が無く、口をすすぐことができない時のためのグッズです。名前は水を使わない綿棒「リフレ・スワッブ」です。口腔清浄用綿棒としてひと箱で20回分使うことができ、値段は1,200円です。
 使い方は、綿棒に同梱されているパック内の薬用液に綿棒をひたし、それを歯の裏表や歯茎にこすり付け歯磨きを行います。災害時や介護を必要とする方の歯磨きを行うときに最適です。

「リフレ・スワッブ」
「リフレ・スワッブ」

 二つ目も水なしで、歯を磨くことができる「ペーパー歯磨き」という商品です。値段は300円で、ひと箱で5回分利用できる歯磨き用の布が入っており、歯に直接こすり付けて水を用いず歯を磨くことができます。キシリトール配合の天然コットン100%の布なので安心して使うことができます。

「ペーパー歯磨き」
「ペーパー歯磨き」

 三つ目は、携帯に便利な歯ブラシの紹介です。値段は100円です。コップ付きの歯ブラシセットで、歯ブラシを分解して蓋付きのコップの中に収納できる機能となっています。手のひらに収まるサイズなので、荷物を圧迫せず安価で手軽に持ち運ぶことができます。

コップ付きの歯ブラシセット
コップ付きの歯ブラシセット

 口内ケアを怠ると口の中に入ったばい菌が繁殖し、人体にも悪影響を与えることがあるので、口の中を清潔に保つことは健康に生活するうえで当然のことであり、それが災害時なら尚更です。
 これらの商品は、通信販売で手軽に手に入れることが出き、今後災害に巻き込まれ清潔な水を十分に得ることができないときに口の中の衛生を保つ道具として、非常に重宝すると思われます。
 皆さんも災害時の衛生予防として手元においてみてはいかがでしょうか。

担当

友清 渉(法政大学)

友清 渉(法政大学)