HOME > 情報部 > NHKエコパーク2013突撃取材 その2

情報部

第39回 NHKエコパーク2013突撃取材 その2

 今週の情報部は、先週に引き続き、6月1日から2日にかけて開催された「NHKエコパーク2013」に出展していた、村おこしNPO法人・ECOFFさんのブースにて、代表理事の宮坂 大地さんにお話をお伺いました!

宮坂さん(右)とインタビュアーの石井
宮坂さん(右)とインタビュアーの石井

普段はどのような活動をされているのですか?
わかりやすく言うと「ツアー型ボランティア」と、ボランティア先の地域の商品の販売を行っています。ツアー型のボランティアは様々な団体が数多く行っていますが、我々は主に離島や秘境といった土地で活動を行うのが特徴です。
例えば普段行けないような場所沖縄のヤンバル等の地域に特化しています。また、商品販売では環境に良いもの、地域活性化につながるような物を主に販売しています。
商品販売は具体的にはどのような商品を扱っていますか?
今回のブースでも扱っていますが、四万十川で作られた檜で作られた積み木やテーブル、収納ボックス、ベンチ等の家具を主に販売しています。オンラインショップでは食品として、宝島の島バナナコンフィチュールを扱っています。
離島や秘境の魅力を教えてください。
檜で作った積み木
檜で作った積み木
離島に強く言える事なのですが、山や海、川など何でもあり、大自然がまず魅力的ですよね。
東京は人口がだいたい2000万人ぐらいですが、島の人口は少ないと100人ぐらいです。しかし、そこに暮らしている人もいるわけで、ある意味20万倍に濃縮された社会がそこにはありますね。
ボランティアにはどれくらいの人が参加するのでしょうか?
一回のツアーで多くて7人ほどで3年間活動を行い、これまで120人ぐらいの方に参加していただきました。大学生では66校の学生に参加していただいています!
ちなみに参加料金は10日間35,000円で統一していて、参加費は地域にも流れていく仕組みになっています。参加するには基本的に説明会を開いていますが、遠方の方々のためにインターネットのSkypeでも説明を行います。
参加申し込みはホームページがありますので、そちらでお願いしています!!

 宮坂さん、本当にありがとうございました!子供のころからキャンプ好きの自分には秘境と聞いただけで冒険心がくすぐられて心が躍りますね!

 今回、インタビューに協力していただいた、村おこしNPO法人ECOFFさんはホームページもありますので、是非チェックしてみてください!以上情報部でした!

担当

石井 将(国士舘大学)

石井 将(国士舘大学)