HOME > 情報部 > マスクで実験!災害時に役立つ防塵マスク

情報部

第28回 マスクで実験!災害時に役立つ防塵マスク

 普通のマスクや加湿マスク、ウイルスカットマスクや防塵マスク。今では世の中には様々なマスクがあります。花粉、黄砂、ほこりや煙など、日常から災害時まで大活躍中のマスクですが、今回はそのマスクの中でも災害時に活躍しそうな防塵マスクについて特集します。
 今回のマスク特集は、普通のマスク、防塵マスク、家庭で作れる簡易防塵マスクの効果を比べてみようというものです。災害時に土埃や煙を吸い込みたくはないですよね。その中には自身の健康を損ないかねないウイルスが混ざっているかもしれません!ウイルスの粒子の大きさと香の煙の粒子の大きさはほとんど同じということなので、今回はそれを利用して比較してみました。
 検証方法はマスクを装着した状態で煙を吸い込んでみて、むせるかむせないか。むせたら煙がマスクを貫通している、ということです!(においは煙やウイルスよりも粒子の大きさが小さいということなので、今回は対象外です。)
 ちなみに、実験には吉田 龍平(東洋大学2年 通称「でんりゅう」くん)が付き合ってくれました。

準備した物

準備した物

  • 普通のマスク
  • 防塵マスク
  • 家庭で作れる簡易防塵マスク
  • お香

 ここでワンポイント!
 テレビでたくさん取り上げられている、家庭で作れる防塵マスクの作り方を紹介します!

【家庭で作れる防塵マスクの作り方】
家庭で作れる防塵マスク
家庭で作れる防塵マスク
用意するもの
  • 普通のマスク2枚
  • ガーゼ(マスクと同じか、少し小さいサイズ)
作り方
  1. 1.ガーゼを水に浸す。
  2. 2.マスクとマスクの間に軽く絞ったガーゼを挟む。
     (サンドウィッチですね!)
  3. 3.できあがり。
~実験結果~
防塵マスク
防塵マスク
マスク
もちろんむせ込みました☆(笑)
防塵マスク
勢いよく吸い込んでもむせ込まないし、においも少ない。(マスクの形がアヒル口状だから!?)
家庭で作れる簡易防塵マスク
なんと!むせこんでしまいました…。

 今回の実験結果としては、防塵マスク以外効果なし…ということでした。
 ですが、後々検証してみたところ、家庭で作れる防塵マスクはガーゼの位置がずれていたことが原因でした。焦ってマスクを装着してしまったでんりゅー君。彼は「災害時も焦らず行動することの大切さ」を身を持って教えてくれたのです!なんという優しい人物なのでしょうか(笑)。
 皆さん、家庭で作れる防塵マスクを使用する際は、きちんとガーゼの位置を確認して装着してくださいね。

 今回の実験を通して、災害時には防塵マスクが一番良いということが証明されました。
 品薄状態が続いているとは思いますが、出来る限り防塵マスクを用意した方が良さそうです。値段が高いイメージの防塵マスクですが、近所の薬局屋さんでも1,000円以内で販売されていますよ!ぜひ、皆さん検討してみてください。
 もちろん、花粉、黄砂対策などは普通のマスクで十分ですので、普段使いは普通のマスク、災害時は防塵マスクと皆さん使い分けてみてはいかがでしょうか。

担当

上田 歩(中央大学)

担当:上田 歩(中央大学)