HOME > 情報部 > 災害と漫画

情報部

第15回 災害と漫画

 以前の放送で災害をテーマに取り扱った映画を特集しましたが、今回は東日本大震災をテーマに扱った漫画『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』(夾竹桃ジン原作、小学館)を紹介します。

災害と漫画

 この漫画は、もともと児童虐待で子どもが亡くなる事件が多発している現在の日本で新米の児童福祉司・相川健太が、助けを求める子供たちのために奮闘するという児童虐待をテーマにした漫画ですが、その中で東日本大震災特別編が全5話にわたり連載されました。自ら被災者となった児童福祉所の職員が子どもたちのために、自らを犠牲にして職務を全うしていくお話です。

 その中のワンシーンで、避難所の子どもたちが「津波だー!」とみんなで走って逃げる津波ごっこを行うシーンがあります。主人公は最初、不謹慎ではないか?という疑問を持つのですが、子どもたちは遊びを通じて津波の怖さ、トラウマを克服していくのだという先輩職員の解説が入り、「怖かったね、でも助かったんだよ、もう安心だよ」と前向きに遊びのストーリーを完結させてあげるのが印象的でした。
 この『ちいさいひと 青葉児童相談所物語 東日本大震災特別編』は少年サンデーコミックス単行本2巻と3巻で読めますので、是非チェックしてみてください!

災害と漫画

 また、リサーチ部で出演してくださった防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実さんが監修する古屋兎丸作『彼女を守る51の方法』(新潮社)も災害をテーマに扱っている漫画ですのでこちらもおススメですよ!

担当

担当:石井 将(国士舘大学)

担当:石井 将(国士舘大学)