HOME > 情報部 > 防災コラム「もしもの時に備えよう」

情報部

第115回  防災コラム「もしもの時に備えよう」

 今回の情報部は、「きっしー」こと東洋大学の岸本匡史が、Yahoo防災コラム「もしもの時に備えよう」を紹介させていただきます。

 

 災害には、地震、津波、大雨(台風)、竜巻、などがありますが、今回は、この中で私が一番身近に感じている、台風について紹介していきたいと思います。私は、沖縄出身で、子どもの頃から多くの台風を経験してきました。幼い頃、外に様子見に行こうとして、親に大変怒られたこともありました。

 こちらのコラムにもありますように、やはり、台風の際は、外には出ないようにしましょう。私が母から聞いた話では、看板などの大きなものが飛んでくるので、非常に危なかったそうです。また、地下室などでは、外の状況が分からないため危険であり、地上から水が入り込む恐れもあるため、地下に避難するのは避け、地上の安全な場所に避難するようにしましょう。

収録の様子
収録の様子

 そして、よく言われていることではありますが、増水により、氾濫するおそれもあるため 川辺には近づかないようにしましょう。また、台風の暴風によって、電線が切れ、停電する恐れもあるため、エレベーターの使用は控えます。

 次に、避難する際の注意点としては、飛んでくるものなど、周囲に注意しながら非難しましょう。また、山間部にお住まいの方が注意する点としては、地面のひび割れ、これは、土砂崩れや、倒木の恐れがあります。そして、土の匂いがする。これは、水が近くまで来ている、または、土砂崩れの寸前であるというシグナルなので、すぐに避難するようにしていただきたいと思います。

 今回、私が紹介させていただいた防災コラム「もしもの時に備えよう」ですが、このほかの災害の対策についても一つにわかりやすくまとめられています。今までバラバラにお伝えしてきた備えの知識や情報を、おさらいする意味でも、新たに知る意味でも、いいものだと思うので、ぜひご覧になってください。

担当

鎌田 隼人(法政大学)

鎌田 隼人(法政大学)

アーカイブ