HOME > 情報部 > 震災特別特集①~新潟県中越地震10年を迎えて~

情報部

第110回  震災特別特集①~新潟県中越地震10年を迎えて~

特番一つ目のコーナーです。今回は新潟県中越地震についてお話ししたいと思います。新潟県は過去に地震が多かったことはご存じですか?戦後に発生した大きな地震を紹介したいと思います。

 

①新潟地震
発生日時:1964/6/16 13:01 震源:新潟下越
マグニチュード7.5 最大震度5 死者26名

特徴:海外メディアは大きな地震発生と報道した。死者が少なく奇跡と評された。カラーテレビが出た後初めての地震で、状況が鮮明に伝わる地震であった。津波は最大4メートル。

 

=中越地震=(後述)

 

②新潟県中越沖地震
発生日時:2007/10/23 17:56 震源:新潟県中越沖
マグニチュード:6.8 最大震度:6強 死者15名

特徴:日曜祝日だったため外出者が多かったことが被害を減らすことに。津波は最大1メートル。

 

=東日本大震災=(割愛)

 

③長野県北部地震
発生日時:2011/3/12 3:59 震源:長野県北部
マグニチュード:6.7 最大震度:6強

特徴:長野県とありますが、新潟県でも強い揺れを観測しました。東日本大震災の遠方誘発地震、メディアは東日本大震災を中心に取り上げていたため、この日に大きな地震があった静岡県と共にメディアに取り上げられることが少なかったです。

 

という強い地震が新潟ではありました。では一番強かった中越地震を見てみましょう。

 

・新潟中越地震
発生日時:2004/10/23 17:56 震源:新潟県中越
マグニチュード:6.8 最大震度:7

 

最大震度7の地震は他に阪神淡路大震災、東日本大震災です。この地震では地震計が観測した中で7を示した初めての地震です。ユーラシアプレート内での逆断層地震でした。正断層逆断層の違いがありまして、正断層は引っ張られてかかる力が発散して断層が破壊されてしまうもの、逆断層が押されて発生する地震です。
また2004年は台風がかなり通過しています。豪雨も多かったです。IVUSAが行っている活動で関川村がありますが、活動のきっかけになった災害もこの時期です。他にも地震の震動によって緩んでいた土砂が崩れてしまいました。大きな余震も多かったのが特徴です。発生当日に5弱以上の地震が15個発生しています。ここで新幹線事故の中でも有名な上越新幹線脱線事故も発生しています。新幹線が開通してから初の脱線事故でしたが、死傷者を出さない奇跡的なものでした。交通障害は土砂流入で不通になる区間がありました。

 

災害発生後の二次被害は避難生活から体調不良、冬の時期であったため車での寝泊りもありました。その人たちはエコノミークラス症候群になってしまうこともありました。このあと豪雨被害、通常の積雪があり被害がどんどん大きくなっていきました。

 

一つ自分が資料を調べている中で意外と役に立つ防災グッツがあるのではと思いました。白いスプレー缶です。とある写真を見てみるとSOSの文字や、おむつ・食料など空から見て目立つような情報を発信していました。上から情報が見える可能性があり、マスコミに伝えてもらえばここは危険状態だということを伝えられると思います。
新潟の人に限らず農業をやっている人は石灰を使うことがあると思います。それがこれの代わりにすぐ出せます。孤立して救助を求める時、上から見る点では役に立つのではないかと自分は思いました。

担当

吉田 龍平(東洋大学)

吉田 龍平(東洋大学)

アーカイブ