HOME > 情報部 > 防災アプリ特集!!現役大学生に人気の防災アプリランキングTop3!!

情報部

第1回 防災アプリ特集!!現役大学生に人気の防災アプリランキングTop3!!

ズバリ、あなたの使っている防災アプリはなんですか?
IVUSAで8月中旬に被災地ボランティアをした学生約200人に聞きました!!

情報部!記念すべき第1回目は…防災に役立つアプリ特集!!
ランキング紹介の前に、そもそも「アプリ」とはなんなのでしょうか?
おせち料理を想像してみてください!
それを盛りつける重箱がスマートフォンで、伊達巻きとか黒豆とか、盛りつけられる料理がアプリという風に考えるとわかりやすいと思います!!

ではでは、待望のランキングの結果にうつりましょう!

第5位(13票) LINE

24時間いつでもどこでも無料でメールや通話ができるアプリです!!

第4位(21票) ゆれくるコール

緊急地震速報を通知してくれるアプリです!!

ここでちょっと…番外編!!
惜しくもランキングには入らなかったアプリの中から…
私の個人的なオススメアプリを2つ紹介したいと思います!!

one click home

現在地から自宅までどうやって帰ればいいのかを教えてくれるアプリです。
徒歩、車、電車の3ルートから、自宅への帰り方を検索できます。
災害時、鉄道が止まって帰宅困難になったとき、見知らぬ土地にいって迷ったときなどに便利です!!無料でダウンロードできますよ!!

音声認識mail

スマートフォンに向かって喋った内容を、そのまま活字にしてくれるアプリです。その内容をメールで送ったり、Twitterに投稿したり、あとMap検索もできるんですよ!!ちなみに、絵文字変換もできます!
メールをうてないような状況のときに便利ですよ!!85円でダウンロードできます。

第3位(24票) radiko

radikoは、携帯電話やインターネットの回線があればいつでもどこでも放送エリアのFM,AMラジオを聴くことができるサービスのアプリです。
東日本大震災のときはエリア制限が解除されて、被災地以外の人が現地の情報や、家族、友人の安否を知ることができたんですよね。
私もいつもこれでラジオを聴いています!好きなときに好きなだけラジオが聴けるのはほんとにうれしくて、コレなしでは生きていけません!!

第2位(29票) 懐中電灯

懐中電灯は、スマートフォンのカメラのライトの部分を光らせて懐中電灯代わりに使えるアプリです。
災害時は停電することが多く、そのときに凄く便利です!
夜道を照らしたり、暗いところで探し物をしたりするときにも使えますよね!
私の大学は山のふもとにあって、夜は真っ暗です。
でも、夜遅くまでいることが多く、よく外で忘れ物に気づくんですよ。
そういうときは何度もこのアプリに助けられています!

第1位(32票) Twitter

東日本大震災のとき、Twitterは様々なニュースを知る重要なツールでした。
また、一般の人からの身近な情報であふれていました。
避難所がここにあります、私は◯◯にいて無事です、◯◯の行方をしらないでしょうか、◯◯市に食料が足りません!支援をお願いします!etc…。
オープンな災害用伝言板のような役割もしてくれていましたね。
普段から使っているものがそういうツールになったのはすごいです!!

防災アプリは他にも色々あります☆
近くの避難所とかトイレを教えてくれるアプリ、家の耐震診断アプリ、音声でメールが送れるアプリetc…。
災害への心構えが少しつきます!
無料のものも多く、普段からも使えます☆
みなさんも防災アプリをダウンロードして、使ってみてはいかがですか?
以上、情報部でした!!